家電リサイクル法とは?

一般家庭や事業所から出されるエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機の家電製品から有用な資源である部分をリサイクルし廃棄物の減量と資源の有効活用を推進する法律です。
従来は各市町村が家庭から排出される廃棄物を収集処理を行ってきました。
しかし上記で挙げた家電製品は大型な上に重く且つ部品が硬いため処理が困難でした。
しかも有用な資源までも埋め立てられている状況でした。
そこで廃棄物の減量と資源の有効活用の2つの観点から家電リサイクル法が制定されました。
家電リサイクル法によって消費者自信が処理費用を負担することとなりました。
費用はエアコン3500円、テレビ2700円、冷蔵庫4600円、洗濯機2400円となります。
価格は一定で大きさや重さで価格が変動することはありませんが、運搬費用は販売店ごとに異なります。
小売業者は引取と製造業者への引き渡し、製造業者は引取とリサイクルといったようにそれぞれの役割分担が設けられています。
分譲太陽光発電の投資手法は?メリットやデメリットは?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ