バイオマス発電とは?

動植物等の生物から作り出される有機性のエネルギー資源を総称してバイオマスと言います。
バイオマスを燃焼もしくは発酵して発電する仕組みをバイオマス発電と言います。
これによってタービンを回し発電機を動かして発電を行ないます。
バイオマス発電には、直接燃焼方式・熱分解ガス化方式・生物化学的ガス方式の3種類があります。
木くず・間伐採・可燃性ゴミ・廃油などを燃料とするのが直接燃焼方式で、木質ペレットや木質チップに加工することで輸送しやすい上に燃焼効率を高めることが出来ます。
熱分解ガス化方式は間伐採や木くずを加熱してガスを発生させガスタービンを回し発電させます。
鬼畜糞尿や生ごみ、下水汚泥等を発酵させバイオガスを発生させてガスタービンを回して発電を行うのが生物化学的ガス方式です。
バイオマス発電は燃料を燃やしますが大気中のCO2の増加にはつながらない発電方法で、しかも再生可能エネルギー源を用いていますので再生可能エネルギーとして位置づけされています。
バイオマス発電はCO2を増加させないクリーンな発電方法で、廃棄物を残りを利用して無駄なくエネルギーを活用しています。
発電量が安定しておりベース電源として活用できる可能性も秘めています。
但しその為には燃料を安定的に確保すること十分な保管場所のスペースが必要となるのが課題と言えます。42円物件について

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ