オール電化って何?

厨房・給湯・暖房などに必要な熱エネルギーを全て電気に統一することをオール電化と言います。
従来は電気とガスを併用して賄ってきましたが、オール電化は一切ガスを使わず電気で賄うこととなります。
例えば調理用のガスコンロはIH調理器、給湯はエコキュートや電気温水器、暖房はスト^部ではなくエアコンや床暖房を使用します。
オール電化にはメリットもあればデメリットもあります。
メリットはまずガス代がかからないことでしょう。
全て電気で賄うわけですから当然ガス代はかからず、新築時なら設置費用も削減することが出来ます。
電気料金のプランには時間帯によって料金単価が安くなるプランがあり、上手く活用することで光熱費の節約をすることが出来ます。
ガスコンロを使わないので二酸化炭素の発生がなくガス漏れや不完全燃焼による一酸化炭素中毒もないなど安全性が向上します。
IH調理器は掃除が非常に楽というのもメリットと言えます。
逆にデメリットは停電時に何も出来ない事です。
オール電化にすると電気街のエネルギーを使用できませんので停電の際は、かなり不便な思いをする可能性が高いです。
但し電気はライフラインの中でも最も復旧が早いと言われています。
他には設置コストが高い、貯湯タンクの設置が必須、IH調理器での調理方法の限定や電磁波問題などが挙げられます。
詳しくはコチラ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ